日本構想フォーラム
日本構想フォーラムは、各分野の第一人者が集まり、
成熟化社会において目指すべき社会ヴィジョンとそれを実現するための新しい方法論について、
多角的な視点から真摯にかつ自由に議論し、
実現的かつ骨太な提言をすることを目的とした研究会です。

【2017年3月10日更新】

●PHP研究所の「Voice」2017年4月号に掲載されました。


【2017年2月15日更新】

●2月14日に開催された2016年第40回の日本構想フォーラムは
伊藤 貫 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「深刻化していく米国の分裂現象:米社会の分裂現象は、今後も30年間続く」というテーマでお話して頂きました。


【2017年2月3日更新】

●「News Picks」2017年1月30日~2月3日に掲載されました。


【2017年1月10日更新】

●PHP研究所の「Voice」2017年2月号に掲載されました。


【2016年12月1日更新】

●11月30日に開催された2016年第39回の日本構想フォーラムは
井手 英策 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「分断社会を終わらせる」というテーマでお話して頂きました。


【2016年9月24日更新】

●「News Picks」2016年9月20日~24日に掲載されました。


【2016年9月10日更新】

●PHP研究所の「Voice」2016年10月号に掲載されました。


【2016年8月20日更新】

●「News Picks」2016年8月15日~19日に掲載されました。


【2016年8月10日更新】

●8月10日に開催された2016年第38回の日本構想フォーラムは
山崎 元 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「経済の現状と政策の優先順位」というテーマでお話して頂きました。


【2016年7月10日更新】

●PHP研究所の「Voice」2016年7月号に掲載されました。

●「News Picks」2016年5月16日~20日に掲載されました。


【2016年5月1日更新】

●4月28日に開催された2016年第37回の日本構想フォーラムは
西川 伸一 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「21世紀の科学:デカルトとダーウィンの残した課題」というテーマでお話して頂きました。


【2016年3月10日更新】

●PHP研究所の「Voice」2016年4月号に掲載されました。


【2016年2月1日更新】

●1月29日に開催された2016年第36回の日本構想フォーラムは
伊藤 穰一 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「Design and Science」というテーマでお話して頂きました。


【2015年10月22日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2015年秋号55号に掲載されました。


【2015年8月3日更新】

●8月3日に開催された2015年第35回の日本構想フォーラムは
小林 節 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「憲法の危機」というテーマでお話して頂きました。


【2015年7月24日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2015年夏号54号に掲載されました。


【2015年5月20日更新】

●5月13日に開催された2015年第34回の日本構想フォーラムは
磯田 道史 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「歴史に学ぶ地震・津波・噴火」というテーマでお話して頂きました。


【2015年4月24日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2015年春号53号に掲載されました。


【2015年2月21日更新】

●2月20日に開催された2014年第33回の日本構想フォーラムは
孫崎 享志 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「尖閣問題を考える」というテーマでお話して頂きました。


【2015年1月20日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2015年冬号52号に掲載されました。


【2014年11月25日更新】

●7月31日に開催された2014年第32回の日本構想フォーラムは
中島 岳志 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「リベラル保守という構想」というテーマでお話して頂きました。


【2014年10月20日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2014年秋号51号に掲載されました。


【2014年7月31日更新】

●7月31日に開催された2014年第31回の日本構想フォーラムは
中西 準子 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「リスクと向き合う――原発事故と放射能について」というテーマでお話して頂きました。


【2014年7月22日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2014年夏号50号に掲載されました。


【2014年5月20日更新】

●2月20日に開催された2014年第30回の日本構想フォーラムは
出雲 充 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」というテーマでお話して頂きました。


【2014年4月21日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2014年春号49号に掲載されました。


【2014年2月27日更新】

●2月27日に開催された2013年第29回の日本構想フォーラムは
白井 聡氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「崩壊へ向かう『永続敗戦』レジーム―第2次安倍政権の軌道」というテーマでお話して頂きました。


【2014年1月17日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2014年冬号48号に掲載されました。


【2013年11月25日更新】

●11月25日に開催された2013年第28回の日本構想フォーラムは
西部 邁 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「危機、組織、国家そして保護の時代」というテーマでお話して頂きました。


【2013年10月21日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2013年秋号47号に掲載されました。


【2013年8月2日更新】

●8月2日に開催された2013年第27回の日本構想フォーラムは
川口 淳一郎 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「『はやぶさ』が挑んだ人類初の往復の宇宙飛行、その7年間の歩み」というテーマでお話して頂きました。


【2013年7月19日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2013年夏号46号に掲載されました。


【2013年5月8日更新】

●5月8日に開催された2013年第26回の日本構想フォーラムは
小幡 績 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「現在の金融関作の問題点」というテーマでお話して頂きました。


【2013年4月15日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2013年春号45号に掲載されました。


【2013年2月12日更新】

●2月12日に開催された2013年第25回の日本構想フォーラムは
中野 剛志 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「日本防衛論」というテーマでお話して頂きました。


【2013年1月24日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2013年冬号44号に掲載されました。


【2012年11月21日更新】

●11月20日に開催された2012年第24回の日本構想フォーラムは
鳩山 由紀夫 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「民主党の原点は友愛に有り」というテーマでお話して頂きました。


【2012年10月22日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2012年秋号43号に掲載されました。


【2012年7月24日更新】

●7月24日に開催された2012年第23回の日本構想フォーラムは
公文 俊平 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「近代化再考」というテーマでお話して頂きました。


【2012年7月17日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2012年夏号42号に掲載されました。


【2012年5月8日更新】

●5月8日に開催された2012年第22回の日本構想フォーラムは
和田 照子 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「NGOの社会的意義と課題」というテーマでお話して頂きました。


【2012年4月16日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2012年春号41号に掲載されました。


【2012年2月3日更新】

●2月2日に開催された2012年第21回の日本構想フォーラムは
東 浩紀 氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「『一般意志2.0』の構想について」というテーマでお話して頂きました。


【2012年1月23日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2012年冬号40号に掲載されました。


【2011年12月9日更新】

●11月29日に開催された2011年第4回の日本構想フォーラムは
冨山和彦氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「新しい現実と国家の『経営者』の挑戦」というテーマでお話して頂きました。


【2011年10月19日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2011年秋号39号に掲載されました。


【2011年8月3日更新】

●8月3日に開催された2011年第3回の日本構想フォーラムは
山口二郎氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「政権交代から2年――ポスト3.11における日本政治の方向性」というテーマでお話して頂きました。


【2011年7月19日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2011年夏号38号に掲載されました。


【2011年5月31日更新】

●4月25日に開催された2011年第2回の日本構想フォーラムは
西川潔氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「ソーシャルメディアが巻き起こすネットベンチャーの第2波」というテーマでお話して頂きました。


【2011年4月12日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2011年春号37号に掲載されました。


【2011年2月16日更新】

●2月16日に開催された2011年第1回の日本構想フォーラムは
森本敏氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「日本の安全保障・外交・防衛-主要課題と政策-」というテーマでお話して頂きました。


【2011年1月21日更新】

●東洋経済新報社の「Think!」2011年冬号36号に掲載されました。


【2010年11月29日更新】

●11月25日に開催された第4回の日本構想フォーラムは
加藤秀樹氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「日本の国家統治に欠けているもの」というテーマでお話して頂きました。


【2010年11月15日更新】

●第4回の日本構想フォーラムは11月25日に
加藤秀樹氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「日本の国家統治に欠けているもの」というテーマでお話して頂きます。

●東洋経済新報社の「Think!」2010年秋号35号に掲載されました。


【2010年9月10日更新】

●7月26日に開催された第3回目の日本構想フォーラムは
湯浅誠氏をキーノートスピーカーにお招きし、
「反貧困 ~社会の死角をなくす~」というテーマでお話して頂きました。
 議事録はこちらから≫


【2010年6月3日更新】

●5月10日に開催された第2回目の日本構想フォーラムは
上杉隆氏をキーノートスピーカーにお招きし、
 「日本のメディアの現状と未来」というテーマでお話して頂きました。
 議事録はこちらから≫

▼研究会の内容が、3か月に一度、PHP研究所の『Voice』で紹介されています。

Voice(2016年7月号)
2016年7月10日発売
【内容】
・第37回日本構想フォーラム報告 : ゲストスピーカー西川伸一(AASJ代表理事)のスピーチとフォーラムメンバーによる討議
→Amazon.co.jp

▼研究会の内容が、「News Picks」で『日本構想フォーラムレポート』として紹介されています。

▼研究会の内容が、東洋経済新報社の『Think!』(2015年秋号)まで連載「ニッポンを構想する」で紹介されました。

Think! No.55(2015 AUTUMN)
2015年10月23日発売
ニッポンを構想するVol.24
【内容】
・第35回日本構想フォーラム報告 : ゲストスピーカー小林節氏(法学博士)のスピーチとフォーラムメンバーによる討議
→Amazon.co.jp

▼本フォーラムの活動が講談社の『コナンドラム』に紹介されました。
CONUNDRUM 2009 Summer
2009年6月10日発売
【内容】
・本フォーラムでも提言された、山崎元の「バブルはまた来る」と波頭亮の「下降社会での3つの方針」
・山崎元と波頭亮による対談 : 「国民1人5万円のベーシックインカムで福祉国家と自由主義の融合を図れ」
・「二十一世紀文明構想フォーラム」のキックオフについて」
→Amazon.co.jp
波頭亮著
『 経営戦略概論』
(産業能率大学出版部)
→Amazon.co.jp

磯田道史著
無私の日本人

(文藝春秋)
→Amazon.co.jp

 
伊藤穰一著
『ネットで進化する人類』
(角川学芸出版)
→Amazon.co.jp
 

上杉隆著
悪いのは誰だ!新国立競技場
(扶桑社)
→Amazon.co.jp

 

島田雅彦著
虚人の星
(講談社)
→Amazon.co.jp

 

團紀彦著
『DAN NORIHIKO AND ASSOCIATES』

→ホームページ

 

中島岳志著
アジア主義
(潮出版社)
→Amazon.co.jp

 

南場智子著
不格好経営
(日本経済新聞出版社)
→Amazon.co.jp

 

西川伸一著
『生物のなかの時間』
(PHP研究所)
→Amazon.co.jp

 

茂木健一郎著
記憶の森を育てる 意識と人工知能
(集英社)
→Amazon.co.jp

 

山崎元著
『図解 お金に強くなる!』
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
→Amazon.co.jp

   
 
 
NTT docomo JT サイトマップお問い合わせパブリケーションズ活動報告構成メンバー 日本構想フォーラムとは ホーム サイトマップお問い合わせホームパブリケーションズ活動報告構成メンバー 日本構想フォーラムとは